長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ホーム行政情報長与町町制施行50周年>ロゴマーク・キャッチフレーズ決定
ロゴマーク・キャッチフレーズ決定





長与町町制施行50周年記念「ロゴマーク」及び

「キャッチフレーズ」が決定しました!

2018年9月5日更新
平成31(2019)年1月1日に長与町町制施行50周年を迎えるにあたり、町制施行50周年記念のシンボルとなるロゴマーク及びキャッチフレーズを4月20日から6月20日において募集したところ、全国からロゴマーク231点、キャッチフレーズ566点の応募をいただきました。
このたび、長与町町制施行50周年記念事業実行委員会による選考を実施し、次のとおり最優秀作品(各1点)と優秀賞(各5点)を決定しました。
たくさんのご応募をいただき誠にありがとうございました。

ロゴマーク最優秀賞(長与町町制施行50周年記念ロゴマークに決定)

【制作者】
天野 穂積さん(静岡県静岡市)
【作品の説明】
50周年の50をモチーフとし擬人化、腕を組み笑顔で重ねる事で、町民の住んでよかった。と思える町への誇り、愛着を表現しました。また町花木「梅」特産物「みかん」を組合せ長与町らしさを強調してあります。
【制作者からのコメント】
この度は最優秀賞という素晴らしい賞を頂きまして、誠にありがとうございます。
制作にあたりましては、町制50周年、長与町らしさ、親近感、住みたい、住み続けたい、
住んでよかった、などをキーワードとして制作しました。
今後、ますますの発展をお祈りいたします。

キャッチフレーズ最優秀賞(長与町町制施行50周年記念キャッチフレーズに決定)

「すこやかな 未来をはぐくむ 長与町」
【制作者】
長池 恵美さん(長崎県長崎市)
【作品の説明】
これから60年、70年、80年、90年、100年そしてそれ以降の未来を見据えて考えたキャッチフレーズです。
【制作者からのコメント】
長与町が、平成31年1月1日に町制施行50周年を迎えられるにあたり、心よりお祝いを申し上げます。この度は、50周年記念キャッチフレーズの最優秀賞に選んでいただき、大変光栄に存じます。このキャッチフレーズが、今後、皆さまに親しまれていくと幸いです。
長与町の更なるご隆盛を、祈念いたしております。

皆さまと一緒に長与町の50周年を盛り上げていくため、ロゴマークとキャッチフレーズを多くの方に活用していただきたいと考えています。
使用方法についてはこちら(準備中)をご覧ください。


ロゴマーク(優秀賞5点)

【制作者】
居関 孝男さん(京都府京都市)
【作品の説明】
「ながよ・50」を組み合わせ、より分かりやすく描きました。円を基本に用い、かつつなぎ合わせることで住みやすい環境を表わし、産するミカン、「が」で長与川・大村湾、そしてそよぐ風としてあります。
【制作者】
田中 勉さん(大阪府池田市)
【作品の説明】
特産品のみかんをモチーフにして“50”の文字をデザインしました。テイストは誰もが親しみをもってもらえるよう、かわいらしい感じを意識してデザインをしました。
【制作者】
立志 哲洋さん(東京都江東区)
【作品の説明】
50の中にハートと町章、そして町のキャラクター「ミックン」をあらわし、そのハートで町への誇りや愛着、そして「住み続けたい町」を願う心を表現しました。
【制作者】
小柴 雅樹さん(兵庫県宍粟市)
【作品の説明】
50年の歴史を見つめてきた長与川を、海(大村湾)・長与川・丘陵地のイメージに重ね、シンボルとしました。
【制作者】
浦川 紫さん(長与町嬉里郷)
【作品の説明】
50の中に長与町の特産品であるみかんを付けて、大好きな長与の風景を入れ込みました。


キャッチフレーズ(優秀賞5点)

「人と自然が響きあい 未来を拓く長与町」
【制作者】
小寺 光雄さん(愛知県名古屋市)
【作品の説明】
四季を通じて美しい自然と温かい人情の長与町は、50周年を契機に市民の協同で新たな未来を切り開くためにさらに前進していきます。

「時を超え つなげるひろげる 長与の笑顔」
【制作者】
杉本 庄司さん(神奈川県川崎市)
【作品の説明】
過去から未来へ、長与に住む人々の笑顔がつながりひろがっていくという、キャッチフレーズにしました。

「住み続ける程に 幸せ感じる 長与町」
【制作者】
土井 京子さん(長与町嬉里郷)
【作品の説明】
実際、長崎市より40年前に移り住んでみての実感です。

「彩り豊かに50年 夢が広がる長与の未来」
【制作者】
吉岡 敏郎さん(東京都豊島区)
【作品の説明】
恵まれた自然環境の中で育まれた絆のもとに先人たちが繋いできた我らの町。これから未来に向けて更に夢が広がる長与町。いいね!

「みかんの風吹くまち・ずっと好きです、長与町」
【制作者】
工藤 元市さん(青森県弘前市)
【作品の説明】
町制施行50周年を迎え、「住み続けたい町」「50年後に向けて発展し続ける町」として特産「ミカン」と町民みんなに愛され続ける長与町を象徴的に表現しました。




問い合わせ

政策企画課 町制施行50周年記念事業担当
電話番号095-801-5661(直通)※平日8時45分から17時30分(祝日除く)



ホーム行政情報長与町町制施行50周年>ロゴマーク・キャッチフレーズ決定