長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ホーム行政情報施政方針・所信表明>平成28年度施政方針
平成28年度施政方針

 長与町議会3月定例会で、吉田町長が平成28年度の施政方針を述べましたので、町の主要な取組みについてご紹介します。
 町の発展のため、また町民の皆さまが日々の生活を明るく豊かに送れますよう「住みたい、住み続けたい、住んでよかった、と言われるような幸福度日本一のまち」を目標に、今後も町政運営を行ってまいります。

<総務部>

政  策

政  策  内  容

組織機構の見直し 町民ニーズや行政課題に柔軟かつ迅速に対応でき、町民にとって明確かつ利便性の高い組織機構とするため、組織機構の見直しを実施します。今後も、効果的かつ効率的に事務事業を処理し得る組織編成を推進します。
行政改革の推進 第4次長与町行政改革大綱に基づく新たな「実施計画」を策定し、行政ニーズに的確かつ柔軟に対応できる人材を育成します。
自治会・各地区
コミュニティ活動
引き続き活動を支援するとともに、活動に対する理解の醸成と加入・参加の促進に努めます。
情報管理 行政事務の効率化を進め、さらなる住民サービスの向上を進めます。また、「社会保障・税番号制度」へのシステム対応を進めます。


<企画財政部>

政  策

政  策  内  容

コミュニティバス・乗り合いタクシーの導入検討 利用需要予測などを基に、具体的なルートやダイヤを検討します。
広域連携の取り組み 長崎市・時津町との1市2町にて検討中の「連携中枢都市圏」について、形成に向けて作業を進めます。
財政運営 財源確保を図るとともに、限られた財源で最大の効果を生み出すよう、事業の選択と集中、必要性と緊急性を見極め、予算の重点配分を図りながら、財政健全化の堅持に努めます。
収納推進 徴収業務をさらに強化し、各債権の一元化を図ります。徴収体制の組織再編を行い、債権回収により一層の力を入れます。


<建設産業部>

政  策

政  策  内  容

農業 みかんの品質向上対策ならびに落葉果樹苗木購入補助や野菜苗などの購入を補助する畑作物拡大事業など、今後も農家の所得向上に繋げます。
農山漁村環境保全活動 農山村部では有害鳥獣被害防止対策事業をはじめ、農地の耕作放棄地発生防止対策として中山間(ちゅうさんかん)地域等直接支払事業や農道・水路の維持・管理活動を行う多面的機能支払事業、漁業水産関係では、ヒラメなどの稚魚放流事業や水産多面的機能発揮対策事業による長与浦の再生活動を継続して支援します。
林業 県営事業である山地崩壊を防止する嬉里郷の梶原地区治山事業に加え今年度からは本川内地区も開始される予定です。
土木管理 町道に架設されている橋梁を長寿命化修繕計画に基づき、年次ごとに修繕を行い、コスト縮減に努めます。
安全で快適な地域社会事業 安心・安全な利用を行うために、経年劣化による法面などの補修を行ないます。
町道の維持管理 路面調査を行い、計画的に舗装の補修・打ち替えを行います。
町営住宅 長寿命化計画に基づき年次ごとに詳細点検・補修設計を行い早期の修繕によるコスト削減に努めます。
都市計画 県が施行する県道長崎多良見線の道路整備事業は、早期完成に向け引き続き県への働きかけを行います。
高田南土地区画整理事業 事業の長期化により、地権者の方々には、大変ご迷惑をおかけしておりますが、早期完成に向け努力します。


<教育委員会>

政  策

政  策  内  容

ICT教育の推進 デジタル教科書・指導書を購入し、動画や音声・立体的な映像を活用した魅力的な授業を展開することで学習意欲を高め、学力向上へとつなげます。また、タブレット端末を活用した、きめ細やかな教育の推進と情報化社会に対応します。
ながよ検定 英語検定を追加し、国際感覚や基礎学力の確実な定着と学びの習慣化を目指します。
平和学習 小・中学校において被爆体験講話を聞く機会を設け、被爆の実相の継承のほか、平和学習などにより平和意識の高揚を図ります。
図書館サービス ブックスタート事業を推進すると共に、図書館ネットワークの構築を図り、各公民館における図書などの貸出サービスを充実し、生涯学習の推進を図ります。
文化施設の適正な維持管理 優れた文化・芸術を鑑賞する環境整備に努めます。
スポーツ振興 幅広い年齢層の様々な目的にあった生涯スポーツの普及推進に取り組み、町民が気軽に参加でき、生きがいや健康づくりの意識の高揚を図ります。
既存施設の有効活用と老朽化に伴う施設および設備の計画的な改修に努めます。


<住民福祉部>

政  策

政  策  内  容

個人番号カードの交付 引き続き迅速で正確な交付を図ります。
ゴミ焼却施設 昨年度より稼働したゴミ焼却施設と、時津町のリサイクルセンターを中心とした減量化・再資源化・再利用などについて推進していくとともに、焼却施設関連の板の浦公園整備に取り掛かることになっております。
ゴミの減量化 生ごみ減量・適正な分別の周知を保健環境連合会および環境サポーターとの連携を密にしてより一層の推進を図ります。
資源化物の拠点回収 「高齢者等のゴミ出し等支援事業の充実」や「常設の回収拠点」の増設を行うなど、より取り組みやすい拠点回収に向けての改善および検討を行います。
環境問題の啓発・リサイクルの推進 町内で回収された牛乳パックを再生利用した「啓発用トイレットペーパー」を、昨年に引き続き公共施設で使用および各種イベントで配布し、更なるリサイクル意識の向上を図ります。
児童福祉 子どもを守る地域ネットワークの充実を図るため、各関係機関との更なる連携強化を図ります。
障害者福祉 障害に対する町民の理解を深め、社会活動の機会の確保と社会的障壁の除去、また自立支援並びに地域生活支援事業の推進に努めます


<健康保健部>

政  策

政  策  内  容

健康づくり 「第2次健康ながよ21」に基づき、「健康寿命の延伸」と「健康格差の縮小」を目標に取り組みを進めます。
健康まつりや健康教室などを通して健康意識の高揚を図ります。健康づくりに主体的にかかわる住民の活動を支援し、身近な地域における健康づくり活動を推進します。
国民健康保険 平成28年度より税率の改定を実施いたします。被保険者の健康維持増進のため、昨年度に策定したデータヘルス計画に基づき、効果的な保健事業を実施し、医療費適正化に努めます。
介護保険 高齢者がいつまでも住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりを目指すとともに、介護予防の推進、地域包括センターを中心とする地域ケアシステムの構築に向け、具体的に取り組みます。
後期高齢者医療制度 健康診断の受診をさらに進め、重症化を予防するための訪問指導事業など、早期対応を図ることで医療費の抑制にもつながるよう勧奨します。


<水道局>

政  策

政  策  内  容

水道事業 安全で良質な水を安定的に供給します。
老朽化した施設の計画的な更新、配水管の布設替えによる耐震化の推進および水源拡充対策を実施し、効率的な施設利用と水源確保に努めます。
下水道事業 汚水管渠の清掃、マンホールポンプ場の点検および修繕、また浄化センターの適正な運転管理による放流水の水質保全などの維持管理に努めます。
耐震対策も含めた長寿命化計画による、施設の改築・更新事業を計画的に推進します。



ホーム行政情報施政方針・所信表明>平成28年度施政方針