長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ホーム健康・福祉>献血可能な服薬剤等について
献血可能な服薬剤等について

現在服薬中又は過去服薬していた方でも、下記の場合には献血を行うことが可能です。
ただし、献血者の健康状態、服薬目的、症状等により、当日の献血はお断りし、次の機会にお願いをする場合があります。
献血をする際は、是非、服薬中又は服薬していた薬剤又は説明書をご持参ください。

1.当日服薬していても可能な薬剤
@

A

B

C

D

E

F

G


H

I


J

K

L

M



ビタミン剤
貧血治療薬、ビタミンKを除く。
ミネラル剤
貧血治療薬を除く。
漢方薬
肝疾患、感冒、喘息等のために服薬している場合を除く。
高尿酸血症治療薬(痛風)
ザイロック、ユリノーム、パラミジン、リボール等。
高脂血症治療薬
エパデール、ロドリガ等を除く。
花粉症治療薬(ステロイド系以外)
セレスタミン等を除く。市販の抗アレルギー薬は当日服用可。
胃腸薬
感染性下痢症のある場合を除く(制吐剤は当日不可)。
低用量・中用量ピル(女性ホルモン)
避妊目的や更年期障害や月経困難症等の補充治療に用いている場合、低用量ピルの服用は採血可。
月経移動(周期変更)・機能性出血を目的に服用する中用量ピルも採血可。
サプリメント
(栄養補助食品)
抗潰瘍剤
潰瘍予防薬として用いている場合は可、現在消化性潰瘍のある場合は治癒するまで不可。逆流性食道炎治療は採血可。
局所投与の薬物
点鼻薬、点眼薬、吸入、外用薬(塗り薬、貼り薬)
過敏性腸症候群治療薬
トランコロンなど、抗うつ薬でなければ採血可。
緩下剤
アローゼン、センナ、セレミンソフト、プルセニド、ひまし油など
降圧剤
心、腎、血管系の合併症がないこと。
高血圧症の治療薬として複数内服も可、血圧がほぼ正常にコントロールされていることが条件。当日の血圧を考慮。

2.当日服用していなければ可能な薬剤
@

A

B

C

D

E


F


G


H


内服用筋弛緩剤
アロフト、ミオナール、テルネリン、ムスカムル等
睡眠薬、抗不安剤(安定剤)
原疾患、体調が参考とされる。
消炎酵素剤
ノイチーム、レフトレーゼ等(炎症症状がない場合)
前立腺肥大治療薬
アボタード、アボルブ、ザガーロ(6か月後採血可)、プロスカー、プロペシア(1か月後採血可)を除く。
利胆剤
ウルソ、コスパノン等(基礎疾患による)
市販薬
(1)抗菌剤の入っていない風邪薬・・・当日症状がないこと、(2)市販の消炎鎮痛剤。
(ただしどちらも血小板成分献血は内服中止後3日以上経過後に採血可)
去痰剤
抗菌剤の入っていない風邪薬を前日服用疾患により症状が落ち着いていれば当日採血可能な場合があります。
高脂血症治療薬のエパデール、ロトリガ
血小板採血以外については当日内服していなければ可。血小板成分献血については服薬中止後3日以上経過後採血可。
消炎鎮痛剤
血小板採血以外の場合は症状がなく落ち着いていれば前日までの服用は可。血小板採血は服用中止後3日経過後採血可。

3.服薬中止から3日以上経過していれば可能な薬剤
  ※服用最終日を「1日目」とカウントし、「4日目」から採血可。
@

A

B

C


D

E
F

G

向精神剤、抗うつ薬(抗不安剤、安定剤を除く。)
体調が参考される。
抗菌薬(抗生物質、合成抗菌薬)、抗真菌薬、抗結核薬、抗ウイルス薬
当日症状がなく治癒している場合。
止痢剤
アドソルビン、タンアンルビン、フェロベリンA、ロペミン等(感染性下痢に注意)。
喘息治療薬
キサンチン誘導体などの内服薬、β2刺激薬(吸入薬、貼付薬を含む)。
1か月間発作がなく発作予防的吸入薬のみであれば採血可能。
痛風発作治療薬
コルヒチン
事後に服用するピル(中用量ピルを含む)
花粉症治療薬(ステロイド系)
ステロイド系抗アレルギー薬(セレスタミン等)
その他
特殊な治療薬については、原疾患などを考慮した検診医の判断になります。

4.その他
@
A
B
出血を伴う歯石除去など歯科治療を受けた場合は、3日以上経過後
注射薬の使用の場合は原則当日採血不可。
鍼灸治療は当日不可。置き針翌日から採血可。
※服薬等で不安のある方は、遠慮なく検診医、受付にご相談ください。

 


ホーム健康・福祉>献血可能な服薬剤等について