長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ホーム健康・福祉予防接種・感染症>予防接種の受け方

予防接種の受け方

 予防接種は健康な人が元気な時に接種を受け、その病原体の感染を予防するものですから、体調のよい時に受けるのが原則です。日頃から保護者の皆さんはお子さんの体質、体調など健康状態によく気を配ってください。
お子さんの体質はそれぞれ違うため、ごくまれに副反応が生じることがあります。お子さんの体のことをよくわかっているかかりつけ医に体調を診てもらい、接種可能かよく相談してから予防接種を受けましょう。

★予防接種チェックポイント★

・接種を受ける方の体調は良いですか。普段と違ったところはありませんか
・予防接種の必要性、効果、副反応などについて理解していますか
・母子手帳は持ちましたか
・医療機関で配られた予診票をよく読み、漏れなく記入しましたか

★接種を受けることができない場合★

・明らかな発熱(37.5℃以上)がある場合。

・重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな場合。

・その日に受ける予防接種液に含まれる成分でアナフィラキシー(激しいアレルギー反応)を起こしたことがある場合。

・BCG接種で外傷などによるケロイドが認められる場合。

・その他、医師が不適当と判断した場合。

★予防接種を受ける場合に注意を要する方★

該当する方は、かかりつけ医の診察を受け、接種を受けてもよいか確認しましょう。接種を受ける場合は、その医師のところで接種を受けるか、診断書や意見書をもらってから接種を受けるようにしてください。

・心臓、腎臓、肝臓、血液の病気や発育障害などで治療を受けている方。

・予防接種で、接種後2日以内に発熱、発疹、じんましんなどのアレルギー症状が出た方。

・過去にけいれん(ひきつけ)を起こしたことがある方。

・過去に免疫不全の診断を受けた、又は先天性免疫不全症の近親者がいる方。

・製造過程でワクチンに含まれる卵の成分、抗生物質、安定剤などにアレルギーがあるといわれた方。

・BCG接種を受ける際は、家族に結核患者がいて長期に接触があったなど、過去に結核に感染している疑いのある方。

★ 受け方 ★

@ 予防接種実施医療機関に連絡し、予約する。
・県内の一部医療機関でも接種できます。直接医療機関にお問合せください。
A 当日医療機関で予診票を記入する。
・接種を受けるお子さんの体調がわかる保護者の方が付き添ってください。
・予診票は予防接種に関する重要な事項を確認します。必ずよく読んで記入してください。
B 接種を受ける。  ※必ず母子手帳を持参しましょう(高齢者の方以外)
・予防接種履歴等の確認や、新たに接種したワクチンの記録に使います。
・成長した後も、海外に行く際や進学などの際に予防接種の記録を求められることがあります。母子手帳は大きくなった後も大切に保管しましょう。
C 予防接種を受けた後は
・接種後まれに急激な副反応が起こることがあります。
・接種後30分程度は医療機関で様子をみるか、医師とすぐ連絡をとれるようにしましょう。
・接種後、生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応に注意しましょう。
・接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は差し支えありませんが、接種部位こすらないようにしましょう。
・当日は激しい運動は避けましょう。
・接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。
長与町役場 こども政策課 母子保健係、健康保険課 健康増進係
電話番号 095-883-1111

ホーム健康・福祉予防接種・感染症>予防接種の受け方