長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ホームくらし安全・安心交通安全>自転車運転者講習制度
 
自転車運転者講習制度

平成27年6月1日より「自転車運転者講習制度」が開始されました!
道路交通法の改正により、自転車の悪質違反者に対する講習制度が新設されました。
また、自転車の加害事故(歩行者に衝突し死亡させた等)の代償は重く
過去の判決では、数千万円に及ぶ高額な損害賠償を求められています。
再度、自転車の交通ルールを見直し交通事故防止に努めましょう。

取り締まり対象の14「危険行為」とは??

「自転車運転者講習制度」を命ぜられる『危険行為』とは下記の14項目です。
自転車運転者がこれらの危険行為を繰り返して3年間で2回以上検挙された場合、公安委員会
が開く安全講習の受講が義務付けられます。
受講命令に従わなければ、5万円以下の罰金となります。


行為項目

行為内容

@
信号無視 車両も歩行者も信号機の信号等に従う義務がある。
自転車は車両の仲間。
A
通行禁止の違反 「自転車通行止め」の標識がある場所などを通行することはできない。
B
歩行者用道路での徐行違反など 歩行者用道路を通行する場合には、歩行者に注意して徐行しなければならない。
C
通行区分の違反 車道の右側や道路右側の路側帯は通行できない。ここを通行すると「通行区分」違反。
D
路側帯での歩行者妨害 道路左側の路側帯を通行する場合も歩行者を妨害してはならない。
E
遮断機が下りた踏切への立ち入り 遮断機が下りている場合などに踏切に進入してはならない。
F
信号のない交差点で優先車両の進行を妨害 信号機のない交差点では「左方優先」などの決まりを守り、優先車両の通行を妨げてはならない。
G
交差点右折時に直進・左折車両の進行を妨害 交差点で右折する場合は、対向する直進車や左折車の進行を妨害してはならない。
H
環状交差点で他の車両の進行を妨害 環状交差点では「交差点内の車両優先」「時計回り通行」などのルールに従わなければならない。
I
一時停止の違反 交差点に設置された一時停止の標識などを無視して通行するのは違反。
J
歩道での歩行者妨害 歩道では「車道寄りを徐行」などのルールを守らなければならない。
K
ブレーキのない自転車を運転 ブレーキが無かったり、整備不良だったりする自転車に乗るのは違反。
L
飲酒運転 酒に酔った状態で自転車を運転するのは違反。
M
安全運転義務違反 携帯電話を操作しながら重大な事故を起こした場合などは「安全運転義務」に対する違反。



ホームくらし安全・安心交通安全>自転車運転者講習制度