長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ホームくらし保険・年金国民健康保険保健事業>特定健康診査・特定保健指導

特定健康診査・特定保健指導

 特定健康診査は、平成20年4月から保険者に実施が義務づけられた内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)に着目した健康診査です。対象者は当該年度内に40歳以上である被保険者です。対象者には受診券と受診案内を送付します。内容をご確認の上、健康診査を受診してください。
 特定健康診査の結果、特定保健指導の対象となった方には、保健師・管理栄養士・運動指導員などが生活習慣を見直し健康的な生活をおくるための支援を行います。
 (メタボリックシンドロームとは、食べ過ぎ・運動不足などによって、脂肪が内臓のまわりに蓄積し、高血圧、高血糖、脂質異常の危険因子を2つ以上をあわせ持った状態のことをいいます。)

≪メタボリックシンドロームを調べる4つの検査≫

腹囲測定

 内臓脂肪の蓄積具合を調べます。へそ位置の胴まわりを測ることで、内臓脂肪の目安がわかります。

血圧

 血圧が高いと血管に大きな負担がかかるため、動脈硬化を進める原因になります。

脂質(中性脂肪・HDLコレステロール)

 内臓脂肪がたまると、中性脂肪が増加し、動脈硬化を防ぐ働きのあるHDLコレステロールが減少します。

血糖(空腹時血糖・ヘモグロビンA1c)

 内臓脂肪がたまると、血糖値を下げる「インスリン」の働きが悪くなります。


メタボリックシンドロームの判定のための階層化
あなたの判定は?

 

 

・長与町第二期特定健康診査等実施計画書(PDF)


ホームくらし保険・年金国民健康保険保健事業>特定健康診査・特定保健指導