長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ホームくらし保険・年金国民健康保険>国民健康保険税
国民健康保険税

保険税は、みなさんの医療費にあてられる国保の大切な財源です。
必ず、納期内に納めましょう!!

保険税の決まりかた

一世帯の年間保険税は、下記の3方式で計算した合計です。



医療分
後期高齢者
支援金分
介護分

所得割

前年中の所得に応じて算定

8.1%

2.8%

2.6%

均等割

加入者一人当たり

25,600円

8,800円

9,500円

平等割

一世帯当たり

22,800円

7,600円

5,800円

賦課限度額
540,000円
190,000円
160,000円

年齢によって納める保険税は異なります。
 ○40歳未満の人・・・(医療分)+(後期高齢者支援金分)
 ○40歳以上65歳未満の人・・・(医療分)+(後期高齢者支援金分)+(介護保険分)
 ○65歳以上75歳未満の人・・・(医療分)+(後期高齢者支援金分)
                   ※介護保険分は、「介護保険料」として別途徴収されます。
保険税を納めるのは世帯主です。
世帯内に国保の加入者がいれば、本人が加入者でなくても世帯主(擬制世帯主)が納税義務者になります。

国保税の計算例はこちら(PDF)

所得の申告をお忘れなく

 所得の申告を忘れると、あとで保険税を追加で徴収されたり、保険税の軽減が受けられなかったりすることがあります。
 そのほか、高額医療費の支給でも、所得が判明しない場合、「上位所得者」として扱われ、自己負担額が大きくなってしまいます。
 収入がなかったり、収入が課税の対象とならない遺族年金・障害年金だけの人なども必ず所得の申告をお願いします。
○所得の低い方への保険税の軽減措置があります
  世帯の前年中の所得が基準を下回る場合は、保険税の均等割額と平等割額が減額されます。
軽減割合
基準額
7割軽減
33万円以下の世帯
5割軽減
33万円+(27万円×被保険者と旧国保被保険者の合算数)以下の世帯
2割軽減
33万円+(49万円×被保険者と旧国保被保険者の合算数)以下の世帯
※旧国保被保険者・・・国保から後期高齢者医療制度へ移行した方

保険税はいつから納めるの

保険税は、国保の被保険者になった月の分から納めます。
「被保険者になる」とは、職場の健康保険を抜けたときや、他の市町村から転入したときなどで、加入の手続きをしたときではありません。

4月から翌年3月までの年度で計算しますが、6月から翌年3月までの10回で納めます。
納付書は、納期ごと毎月送付します。全期分必要な方は、国保の窓口までご連絡ください。
 《年度の途中で国保に加入した場合》
   
加入した月の分からを納めます。

 《年度の途中で職場の健康保険に加入した場合》
   
職場の健康保険に加入した月の前月分までを納めます。

保険税の納付は「口座振替」が便利です。
特別の事情があって保険税の納付が困難なときは、早めに国保の窓口へご相談下さい。

保険税の年金天引きについて

平成20年4月から、保険税を年金から天引きする「特別徴収」が実施されています。
対象となるのは、世帯内の国保の被保険者全員が65歳から74歳の方で構成されている世帯の世帯主です(擬制世帯は除きます。)。
ただし、年金額が年額18万円未満の方や、介護保険料と合わせた額が、支給される年金額の1/2を超える場合は年金からの天引きは行いません。
年金天引きを希望されない方は、申し出により、「口座振替」での納付へ変更できます。
国保の窓口まで申し出てください。

保険税の納め忘れにご注意を

保険税を納めないと、次のような厳しい措置をとりますので、結局滞納している人自身も困ることになります。

@納期を過ぎると、督促を行ったり、延滞金を加算します。

A保険証の有効期限を短くします。

B納期限から1年を過ぎると、保険証を返してもらい、代わりに「被保険者資格証明書」を交付します。(医療費は、いったん全額自己負担となります。)

C特別な事情もなく滞納が続く場合は、保険給付の全部または一部を差し止めます。

D保険給付(療養費、高額療養費、出産育児一時金、葬祭費など)を、滞納している保険税にあてます。

ホームくらし保険・年金国民健康保険>国民健康保険税