長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ホームくらし保険・年金国民健康保険国保で受けられる給付>療養の給付(病気やケガをしたとき)
療養の給付(病気やケガをしたとき)

「病気」や「けが」をしたとき、医療機関の窓口で保険証を提示すれば、一部負担金を支払うだけで診療を受けることができます。残りの医療費は国保が負担します。
一部負担金は年齢や収入などによって異なります。

医療費の自己負担割合(一部負担金)

被保険者の年齢等

 一 般 

現役並所得者

小学校就学前まで
2割
小学校就学〜69歳
3割
70歳〜74歳まで
昭和19年4月2日以降に生まれた方
2割
3割
昭和19年4月1日以前に生まれた方
1割
3割
※75歳以上は国民健康保険から後期高齢者医療保険に変更になります。
※1 70歳になられた翌月の1日(1日生まれの方はその月)から前期高齢者となり、自己負担割合が1割、2割又は3割となります。申請の必要はなく、対象者の方には高齢受給者証を交付いたします。
※2 70歳以上75歳未満の方(現役並み所得者を除く)の自己負担割合は本来2割ですが、平成26年3月31日まで1割に据え置かれていました。
平成26年度から新たに70歳になる(昭和19年4月2日以降生まれの)方から2割負担となります。なお、昭和19年4月1日以前生まれの方は引き続き1割負担に据え置かれます。
※3 現役並み所得者とは、同一世帯内に住民税課税所得が145万円以上ある70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人です。ただし、該当者の収入の合計が2人以上で520万円未満、単身で383万円未満又は後期高齢者医療制度移行に伴い国保を抜けた人を含めて合計520万円未満の場合は、申請により負担割合が1割又は2割になります。

国保で受けられる診療

1.診察  2.医療処置、手術などの治療  3.薬や医療材料の支給
4.入院および看護(食事代は別途負担)  5.在宅療養及び看護  6.訪問看護

国保で受けられない診療

1.美容整形  2.正常分娩、経済上の理由による人工中絶   3.健康診断、予防接種 
4.仕事上のケガや病気で労災保険の対象になる場合  5.けんかや泥酔などによるケガや病気  
6.医師の指示に従わなかったとき  7.犯罪や故意によるケガや病気

入院したときの食事代

入院したときの食事代は、診療や薬にかかる費用とは別に、1食分として定められた標準負担額を自己負担します。残りは国保が負担します。

1食あたりの標準負担額
一     般
1食 360円
住民税非課税世帯(※4)
70歳以上は低所得U
 90日以内の入院
(過去12カ月の入院日数)
1食 210円
 90日を超える入院
(過去12カ月の入院日数)
1食 160円
70歳以上で低所得T(※4)
1食 100円
※4 住民税非課税世帯、低所得T・Uの人は、医療機関の窓口で「限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要です。国保の窓口に申請して下さい。

ホームくらし保険・年金国民健康保険国保で受けられる給付>療養の給付(病気やケガをしたとき)