長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ホームくらし保険・年金国民年金>国民年金保険料の後納制度について

国民年金保険料の後納制度について

 〜保険料の納め忘れがある方へ〜

 原則、国民年金保険料は2年を過ぎると時効により納付できませんが、平成27年10月から平成30年9月までの3年間に限り、過去5年以内に国民年金保険料の納め忘れや、一部免除の承認を受けた期間で未納となっている場合は、申し込みにより保険料を納めることができます。

【保険料を納付するメリット】
不足している期間の保険料を納めることにより、年金の受給資格を得られる可能性があります。
1ヵ月分の後納保険料を納付することにより、将来受け取る老齢基礎年金の年額が約1,600円増額します。

【ご利用いただける方】
@ 20歳以上60歳未満の方で、5年以内に納め忘れの期間(納付・免除以外)や未加入期間がある方
A 60歳以上65歳未満の方で、@の期間のほか任意加入中に納め忘れの期間がある方
B 65歳以上の方で、年金受給資格がなく任意加入中の方など
60歳以上で老齢基礎年金を受け取っている方は申し込みできません。
特定期間(第3号被保険者から第1号被保険者へ切替えるための届出が2年以上経過した事により、未納となった期間)となっている期間は特例追納をご利用ください。

【お申込みの注意事項】
後納が可能な期間のうち、最も古い分から納めていただきます。
過去3年度以前の後納保険料には、当時の保険料額に加算額がつきます。
全額免除や一部免除(一部納付済)、若年者納付猶予、学生納付特例の承認を受けた期間で納付を希望する場合は、10年前まで遡って納付できる追納制度をご利用ください。


ホームくらし保険・年金国民年金>国民年金保険料の後納制度について