長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ホームくらし環境>所有者のいない猫に対する不妊・去勢手術費の補助について

所有者のいない猫に対する不妊・去勢手術費の補助について

 現在、長崎県動物愛護推進協議会西彼支部では、所有者のいない猫のみだりな繁殖を抑制し、生活環境の保全、住民生活の安全を保持することや、所有者のいない猫の引き取り・処分頭数を減少させることを目的に不妊・去勢手術費用を1頭につき1万円で手術を行っています。その制度に併用し長与町では申請者に対し、8,000円の手術費の補助を行っており、申請者負担2,000円で手術を受けさせることができます。

【補助制度の概要】
対象者
@長与町に住所を有するもの
A20歳以上の個人又は町内に事務所を有する団体(事務所を持たない団体にあっては代表者の住所が町内であるもの)
対象とする猫 @長与町内に生息する
A所有者がいない
B生後5ヶ月未満のもの、体重2kg未満のもの、削痩の著しいもの、重度の疾病に罹患しているものでない
期間 平成29年4月3日(月)〜
(※平成29年4月3日以降受付分から対象)

【料金】
1頭につき2,000円負担で手術が受けられます。
(まず1万円負担していただき、申請後、町から8,000円の補助をします。)
※予算がなくなり次第終了します。 

【申請の流れ】

申請者が行う手続き

町が行う事務

1.申請前の相談(西彼保健所)

まずは、対象猫に係る不妊・去勢手術の要件等を西彼保健所(095-856-0693)に来所の上、ご相談ください。

2.申請書類の提出(役場住民環境課)

下記@からDの書類を役場住民環境課環境係窓口へ提出してください。
@長与町所有者のいない猫に対する不妊・去勢手術事業補助金交付申請書(様式第1号)
A不妊・去勢手術申請書(様式第1号)
B調査票
C申込者の住所確認ができる証明書(免許証や保険証など) ※A「不妊・去勢手術申請書」の裏面へ添付してください。
D対象猫の写真(直近一ヶ月以内カラー撮影) ※B「調査票」へ添付してください。

3.補助金交付決定・不交付決定

補助金交付の可否を決定し、通知します。
動物病院と手術日を決定しお知らせします。※動物病院の指定はできません。

4.猫の持ち込み、手術料金の振り込み、「払込表(兼受領証)」の提出(役場住民環境課)

対象猫をケージに入れて、役場住民環境課環境係窓口へ持ち込んでください。(必要に応じて、ケージの貸し出しもおこなっています。)
手術料金を指定の口座へお振り込みください。その後、「払込表(兼受領証)」を役場へ提出してください。
※ 1頭/1万円(振込料は申請者負担)
※ 2頭以上のときは、まとめて振込可

5.猫の返還、及び実績報告書の提出(役場住民環境課)

手術の翌日、手術の終わった猫を町職員が動物病院へ受け取りに行き、申請者が受け取りに来る時間まで、一時的に預かります。
実績報告のため、下記@からBの書類を役場住民環境課環境係窓口へ提出してください。
@長与町所有者のいない猫に対する不妊・去勢手術事業補助金実績報告書(様式第4号)
A長崎県動物愛護推進協議会西彼支部による事業実施済証明書
B対象猫の手術後の写真 ※A「長崎県動物愛護推進協議会西彼支部による事業実施済証明書」へ添付してください。

6.補助金交付確定

補助金交付確定後、通知します。

7.補助金請求(役場住民環境課)

長与町所有者のいない猫に対する不妊・去勢手術事業補助金交付請求書(様式第7号)を役場住民環境課環境係窓口へ提出してください。

8.補助金の交付

長与町所有者のいない猫に対する不妊・去勢手術事業補助金交付請求書(様式第7号)に記入いただいた口座へ8,000円を振り込みます。
【注意事項】
1.所有者のいない猫は人に慣れておらず、また、野外の過酷な生活などから、手術のリスクは飼い猫よりも高くなることをよくご理解ください。
2.手術を受けたことが明確に分かるように、片側の耳にV字耳カットします。
3.猫の捕獲等により周囲住民等への周知と理解へ努めてください。
4.その他、申請前に必ず役場または西彼保健所へご相談ください。


ホームくらし環境>所有者のいない猫に対する不妊・去勢手術費の補助について