長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ホームくらし税金税金の種類>軽自動車税にかかる税制改正のお知らせ

軽自動車税にかかる税制改正のお知らせ

 平成26年度の地方税法の一部改正により、平成28年度から原動機付自転車、二輪軽自動車、二輪小型自動車及び小型特殊自動車、三輪及び四輪の軽自動車の税率が引き上げとなります。
◎平成28年度からの軽自動車税
<原付や125t以上のバイクなどの車両>
現行税率に比べ、概ね1.5倍の税率となります(下限2,000円)。平成28年4月1日の所有者へ課税されます。
車両の種類
税率(税額)
H27年度まで
(現行税率)
H28年度から
(新税率)
原動機付自転車 50cc以下
1,000円
2,000円
50t超 90cc以下
1,200円
2,000円
90cc超 125t以下
1,600円
2,400円
三輪以上(ミニカー)
20cc超 50t以下
2,500円
3,700円
軽二輪(125t超 250t以下)
2,400円
3,600円
二輪の小型自動車(250t超)
4,000円
6,000円
小型特殊自動車 農耕用
1,600円
2,400円
その他
4,700円
5,900円
<三輪・四輪以上の車両>
 自動車検査証(車検証)の『初度検査年月』(※1)により、現行税率・新税率・重課税率のいずれかの税率が適用されます。
 H27年3月31日までに取得済みの車両及び新規登録済みの車両については、現行税率が適用されます(@)。
 平成27年4月1日以後に新規登録した車両(※2)については新税率が適用されます(A)。
 また、グリーン化を進める観点より、最初の新規検査から13年を経過した車両については、約20%の税が加えて課されます(重課)(B)。
(電気軽自動車、天然ガス軽自動車、ハイブリッド軽自動車のうちガソリンを燃料とするもの、メタノール軽自動車、一般乗合用バス及び被けん引車は重課税の対象外。)
 なお平成28年度の軽自動車税につきまして、環境負荷の小さいものについては、税率を軽減する措置(グリーン化特例)が適用されます。
※1…『初度検査年月』は自動車検査証(車検証)の上部に記載されています。
※2…新規登録した車両とは、初めて車両ナンバーの指定を受けた車両(新車)のことを指します。
車両の種類
税率(税額)
@
A
B
H27年3月31日までに登録済みの車両で、初度検査年月から13年目までの車両(現行税率) H27年4月1日以後新規登録車(新税率) 初度検査年月から13年を超える車両(重課税率)
軽自動車
(660t以下)
三 輪
3,100円
3,900円
4,600円
四輪乗用 自家用
7,200円
10,800円
12,900円
営業用
5,500円
6,900円
8,200円
四輪貨物 自家用
4,000円
5,000円
6,000円
営業用
3,000円
3,800円
4,500円
☆グリーン化特例(軽課)について
 平成27年4月1日より新規取得した四輪以上及び三輪の軽自動車(新車に限る)で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい車両について、当該取得をした日の属する年度の翌年度(平成28年度)の軽自動車税に限り、税率を軽減する特例措置(グリーン化特例)が適用されます。
車両の種類
税率(税額)
@
約75%減税
A
約50%減税
B
約25%減税
軽自動車
(660t以下)
三 輪
1,000円
2,000円
3,000円
四輪乗用 自家用
2,700円
5,400円
8,100円
営業用
1,800円
3,500円
5,200円
四輪貨物 自家用
1,300円
2,500円
3,800円
営業用
1,000円
1,900円
2,900円
@ 電気軽自動車及び天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス規制に適合し、かつ、平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ないもの。)
A

平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス規制基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ないもののうち、下記の基準を満たすもの。
・乗用:平成32年度燃費基準値より20%以上燃費性能の良いもの
    (揮発油を内燃機関の燃料とする軽自動車に限る。)

・貨物用:平成27年度燃費基準値より35%以上燃費性能の良いもの

    (揮発油を内燃機関の燃料とする軽自動車に限る。)

B 平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ないもののうち、下記の基準を満たすもの。
・乗用:平成32年度燃費基準を満たすもの
    (揮発油を内燃機関の燃料とする軽自動車に限り、Aの軽自動車を除く。)
・貨物用:平成27年度燃費基準値より15%以上燃費性能の良いもの
    (揮発油を内燃機関の燃料とする軽自動車に限り、Aの軽自動車を除く。)

(参考) 全国地方税務協議会 軽自動車税パンフレット(PDF)

【軽自動車税の税率適用例(自家用・乗用の場合)】

パターン@:平成27年3月31日以前に新車を新規取得した場合
      (初度検査年月がH27年3月以前のもの)
(例) 平成14年8月に新車で新規取得した車両を保有している場合
〜平成27年度
7,200円(現行税率)
平成28年度〜
12,900円(重課税率)
(※初年度検査年月日より13年を経過した翌年度より重課税率適用)

パターンA:平成27年4月2日以降に新車(グリーン化特例非対象車両)を新規取得した場合
(例) 平成14年8月に新車で新規取得した車両を保有している場合
平成28年度
10,800円(新税率)
平成41年度〜
12,900円(重課税率)
(※初年度検査年月日より13年を経過した翌年度より重課税率適用)

パターンB:平成27年4月2日以降に新車(グリーン化特例対象車両)を新規取得した場合
(例) 新車の燃費が「平成32年度燃費基準値より20%以上燃費性能の良いもの」である場合
平成28年度
5,400円(軽課税率)
平成29年度
10,800円(新税率)
平成41年度〜
12,900円(重課税率)
(※初年度検査年月日より13年を経過した翌年度より重課税率適用)

(例) 新車の燃費が「平成32年度燃費基準を満たすもの」である場合
平成28年度
8,100円(軽課税率)
平成29年度
10,800円(新税率)
平成41年度〜
12,900円(重課税率)
(※初年度検査年月日より13年を経過した翌年度より重課税率適用)

パターンC:平成28年4月2日以降に中古車を取得した場合
(例) 自動車検査証の初年度検査年月が「平成24年4月」の場合
平成28年度
7,200円(現行税率)
平成38年度〜
12,900円(重課税率)
(※初年度検査年月日より平成37年4月で13年経過するため、翌年度の平成38年度より重課税率適用)

(例) 自動車検査証の初年度検査年月が「平成27年3月」の場合
平成28年度
7,200円(現行税率)
平成40年度〜
12,900円(重課税率)
(※初年度検査年月日より平成40年3月で13年経過するため、翌年度の平成40年度より重課税率適用)
【問い合わせ先】
長与町役場 税務課 住民税係
пF095−883−1111


ホームくらし税金税金の種類>軽自動車税にかかる税制改正のお知らせ