長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ながよふるさと「かるた」

[ あ行 ] [ か行 ] [ さ行 ] [ た行 ] [ な行 ] [ は行 ] [ ま行 ] [ や行 ] [ ら・わ行 ] [ 全体 ]
※上記の各行をクリックすると、詳しい「かるた」の紹介が表示されます。

はりきって みんなでおどろう みかん音頭

 みかん音頭は、長与町がまだ長与村だったころの昭和三四年(一九五九年)、新農山漁村建設事業の一つとして作られました。

 今日は、広く町民に親しまれ、学校の運動会などでも楽しく踊られています。

人のため この世を去った 森 源次

 定林から寺の下にかけて長与川が大きく曲がっています。昔は毎年梅雨時なると、この曲がった所の土手が切れて、せっかく植えた稲がだいなしになってしまいました。普請(ふしん)奉行として長与に来た森源次は、大がかりな治水工事にとりかかりましたが、川のはんらんはおさまりませんでした。「人柱(生きている人間をうめること)を立てんばおさまらん。」といううわさ話を耳にした森源次は、自ら人柱に立ちました。

それからというもの、川のはんらんはおこりませんでした。村人たらは、感謝の印に水神様としてほこらを建て、今もまつっています。そのほこらは、嬉里郷の親和銀行のそばにあります。

ふりゆうは 岡と平木場の 伝統芸

 浮立の由来については、その目的のほとんとが、「雨乞い」のためだったと言われています。長与村だった時代には、七つの地区で行われていた浮立ですが、現在では、岡郷と平木場郷のみで伝えられています。

 岡郷では、大勢の人が参加するため、「千人浮立」とも呼ばれ、大変ににぎやかなものとなっています。

ペーロンの ドラに合わせて かいをこぎ

 百年以上の歴史をもつ、夏の風物詩ペーロン。

 ドラや太鼓の音に合わせて櫂をかく姿は、まさに海の男のロマンを感じさせます。

 ペーロンの始まった当時は広瀬酒店前で乗り降りをしていましたが、現在は船津橋付近でしています。

本川内 二つの月は むじな月

 みなさんは、月が二つ出ているところを見たことがありますか。

 本川内の松の首峠を見てください。本物の月のとなりで輝いているのは、むじな月なのです。

 この月は、むじなたちが長与の夜をもっと明るくしたくて、よっさよっさと持ち上げているものなのです。むじなは、おばけの仲間ですが、とてもかわいらしいですね。