-MENU-
18歳選挙
選挙の種類
選挙の流れ
投票所一覧
期日前投票制度とは?

-様式-
宣誓書兼請求書
郵便投票証明書交付申請書

-リンク-
長崎県選挙管理委員会

長与町役場ホームページ


Q1. 引越しをしたときは、どこで投票すればよいですか?

投票は、選挙人名簿に登録された地区で行うことができます。
引越しをした場合は、転入届をした後3か月以上住み続けることで、転入先の区市町村選挙人名簿へ登録され、投票することができます。

転入先で、まだ3か月以上経過していない場合は、選挙の種類により異なりますので、以下をご覧ください。

○国政選挙の場合(衆議院及び参議院議員選挙)

国内への転出である限り、原則として長与町で投票ができます。
遠方であるなどの理由で、長与町での投票が困難な場合は、「不在者投票制度」をご利用いただけます。
※「不在者投票制度」の手続のながれ
@
「宣誓書兼請求書(PDF)」をダウンロードします。
A
「宣誓書兼請求書」に必要事項を記入し、長与町選挙管理委員会へ請求してください。
(〒851-2185 長崎県西彼杵郡長与町嬉里郷659番地1 長与町選挙管理委員会)
B
「宣誓書兼請求書」と本町の選挙人名簿等の情報とから、不在者投票制度利用の対象者と判断した場合、投票用紙などの必要書類を交付いたします。
C
投票用紙などの必要書類が届いたら、それらを持参し、新住所地の選挙管理委員会へ出向いてください。
D
新住所地の選挙管理委員会で、投票行為を行います。
記入した投票用紙は、新住所地の選挙管理委員会から長与町選挙管理委員会へ郵送され、長与町において集計されます。

※不在者投票は、仕事や旅行により、選挙期間中、長与町以外の市区町村に滞在している方も、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で行うことができます。

○地方選挙の場合(長崎県知事、長崎県議会議員、長与町長、長与町議会議員選挙)

県知事選挙・県議会議員選挙の場合は、県外へ転出届を提出した時点で、その選挙権はなくなります。県内引越しの場合は、引越し先の「住民票の写し」を提示することで、前の自治体で投票をおこなうことができます。
町長選挙・町議会議員選挙は、町外へ転出届を提出した時点で、その選挙権はなくなります。

Q1. 引越しをしたときは、どこで投票すればよいですか?
Q2. 投票日に都合が悪い場合はどうすればよいですか?
Q3.投票所の入場券を紛失した、又は届かない場合は?
Q4. 障害などの理由により、字を書くことが困難な場合は?
Q5. 非拘束名簿式とは何ですか?
Q6. ドント方式とは何ですか?


長与町選挙管理委員会 〒851-2185 長崎県西彼杵郡長与町嬉里郷659番地1 電話 : 095-883-1111 FAX : 095-883-1464 E-mail : somu@nagayo.jp

Copyright 2014 NAGAYO TOWN. All Rights Reserved.