長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ほっとミーティング 第9回

吉田町長のほっとミーティング
〜上長与地区コミュニティ運営協議会〜
 上長与地区コミュニティ地域づくり部会からの申し出を受けて、2月1日に上長与地区公民館で「吉田町長のほっとミーティング」が開催されました。
 「地区コミュニティのあり方」や「学校選択制」「長与町コンパクトシティ」など4つのテーマで、自由に意見交換を行いました。
 当初の参加予定人数を大きく上回り70人を超えるほっとミーティングとなりました。
地区コミュニティについては、体制や組織が機能を果たせているのか、また区域が広く地域の繋がり方に温度差があることをはじめ、青少年育成協議会とコミュニティ育成部会の一本化、また、公民館活動とコミュニティ活動の一本化など、役員のスリム化を求める声が多く聞かれました。
 学校選択制では、長与小へ通っている世帯は上長与地区との繋がりが希薄で、コミュニティ活動に支障をきたす事から選択制を廃止してほしいという意見と、自分で選んだ学校に行く方が学力にも情操教育にも良い影響を与えているので選択制は賛成との両方の意見が出されました。また、小規模校でも生徒間の団結力が非常に強いことや、きめ細やかな指導が受けられる利点についても述べられました。
 コンパクトシティについては、交通渋滞への懸念や公共交通機関に関する意見のほか、通学補助のあり方や通学路の整備、子どもたちが安全に集まれる場所についてなど、子育て世代の抱える悩みについても活発な意見交換がなされました。
 最後にまちづくり部会長から、長与町は他町の方から進んでいると言われて嬉しかったことや、現在でも80%以上の人が長与町は住みやすい、住み続けたい町であるとのアンケート結果が披露され、今後ますます良い町になることを願っての散会となりました。


〜ほっとミーティングを終えて(報告)〜
 遠距離通学補助金の申請方法について改善できないかとの具体的なご意見をいただき、持ち帰って協議したところ、定期券の写しの提出が毎月提出から年2回提出に緩和されることとなりました。
・ほっとミーティング参加者の声(感想)
・吉田町長のほっとレター 
 町長もほっとミーティングに関する感想を「ほっとレター」に掲載しましたので紹介します。