新着情報


熱中症に注意しましょう!


熱中症は、高温多湿な環境で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、吐き気、倦怠感などの症状があらわれ、重症になると意識障害などが起こります。平均気温が高い月(7〜8月)が発生のピークになります。正しい知識を持ち、熱中症を予防しましょう!

●予防法
★高齢者の方は特に注意が必要です!
★節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようにご注意ください。
・こまめな水分、塩分の補給。
 ※特に高齢者、障害者の場合のどの渇きを感じなくても水分補給を!
・扇風機やエアコンを使った温度調整、こまめな換気、室温確認、体温測定。
・通気性の良い吸湿・速乾の衣服、保冷剤、氷、冷たいタオルなどによる体の冷却。

●外出時の注意
・日傘や帽子を着用し、日影を利用するなどこまめな休憩を心がけましょう。
・天気の良い日は昼下がりの外出は控えましょう。

●熱中症の症状
・めまい、たちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、頭痛、吐き気、嘔吐、身体のだるさ、意識消失、けいれん等

●熱中症が疑われる人を見かけたら
・涼しい場所へ避難させ、衣服を脱がせ体を冷やし、水分、塩分を補給させましょう。
※自力で水を飲めない、意識がない場合はすぐに救急隊に要請を!

★暑さの感じ方は人によって異なります★
万全の予防を心がけましょう!