長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ホームくらし保険・年金国民年金>国民年金保険料の免除制度について

国民年金保険料の免除制度について

 〜保険料を納めるのが困難なときは〜

 国民年金保険料を納めることが困難な時は、国民年金保険料の納付が免除される制度があります。申請する年度の前年所得に基づいて審査が行われ、一定基準額以下の場合に承認されます。
 保険料を納めないままにしておく「未納」とは違い、老齢基礎年金を受給するために必要な資格期間や遺族年金、障害年金の支給要件になるなどのメリットがあります。
 納付に困ったら、お早めにご相談ください。
 なお、免除申請をされていない場合、申請日から2年1ヵ月前までの期間については申請ができます。

【保険料免除制度】
全額免除・4分の3免除・半額免除・4分の1免除があります。
申請期間
申請年度の7月から翌年6月まで
(毎年度申請が必要)
所得審査の対象となる人
申請者本人、配偶者、世帯主
手続きに必要なもの
年金手帳、印鑑
※離職票、雇用保険受給資格者証
(特例免除(注)を受ける場合)

【納付猶予制度】
50歳未満の方に限り利用できる制度です。
申請期間 申請年度の7月から翌年6月まで
(毎年度申請が必要)
所得審査の対象となる人 申請者本人、配偶者
手続きに必要なもの 年金手帳、印鑑
※離職票、雇用保険受給資格者証
(特例免除(注)を受ける場合)

【学生納付特例制度】
大学(大学院)、短大、高等学校等に在学する学生に限り利用できる制度です。
申請期間 申請年度の4月から翌年3月まで
(毎年度申請が必要)
所得審査の対象となる人 申請者本人のみ
手続きに必要なもの 年金手帳、印鑑、学生証の写しまたは在学証明書
※離職票、雇用保険受給資格者証
(特例免除(注)を受ける場合)
  
(注)特例免除… 所得審査の対象となる人が退職(失業)した場合、その方の所得を0とみなして審査します。(失業した月の前月から、失業した年の翌々年の6月まで。ただし、最長2年1ヵ月分まで。)
【法定免除】
障害年金(1級・2級)、生活保護法による生活扶助を受けている時は、届出により保険料の全額が免除されます。
保険料の追納について
 保険料免除、納付猶予、学生納付特例の承認を受けた期間は、10年以内であれば遡ってお支払い(追納)ができます。
 ただし、免除等の承認を受けた期間の翌年度から起算して、3年度目以降に追納する場合、当時の保険料額に加算金が上乗せされますのでご注意ください。

ホームくらし保険・年金国民年金>国民年金保険料の免除制度について