長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
ホーム健康・福祉高齢者福祉>緊急通報システム

緊急通報システム

ひとり暮らしの高齢者などが急病や緊急時、簡単な操作で「受信センター」へ通報できる装置を設置します。緊急時には「受信センター」から消防署や近隣の協力員などに連絡し、迅速に安全を確保します。また、健康等の相談にも対応し、日常生活の不安を解消します。

対象者

(1)
(2)
(3)
おおむね65歳以上のひとり暮らしの高齢者
おおむね75歳以上の高齢者のみ世帯
その他町長が特に必要と認めた方

サービス内容

(1)
(2)
(3)

(4)
(5)
緊急通報装置(固定型・ペンダント)をレンタルできます。
緊急・相談・ペンダントの通報は、「受信センター」のオペレーターへ繋がります。
24時間「受信センター」に常駐している看護師など専門の相談員が通報を受け、救急車が必要なときには消防署へ連絡します。必要に応じて、近所の協力員に確認を依頼します。
「受信センター」に健康や介護などの相談ができます。
毎月2回「受信センター」体調確認の電話があります。

費用

利用者の自己負担額は月額300円です。(ただし、生活保護世帯の利用者負担金は町が負担します。)
なお、緊急通報装置は、固定電話の回線を使用して、受信センターと通信します。

注意

(1)



(2)

(3)

申請には、原則緊急時に協力してくれる「協力員」が2名必要ですが、「協力員」がいない場合でも申請は可能です。
※協力員とは、緊急通報時に利用者の応答がない場合、利用者のもとに駆けつけて、安否確認をしてくれる近隣の方です。
利用者が施設等に入所したり、ご家族と同居し対象者に該当しなくなったりした場合は、届け出てください。
利用者負担金は、装置を設置した日の属する月から、撤去した日の属する月の前月までかかります。
お問い合せ
福祉課高齢者福祉係
電話095-801-5826

ホーム健康・福祉高齢者福祉>緊急通報システム