長与町役場公式ホームページ 

文字サイズ

色合い

くらしの情報 健康・福祉 子育て・教育 町の紹介・見どころ 行政情報
長与三彩

- 長与焼について -

活水女子大学教授 下川達彌
16世紀末の肥前地方での焼物界の様相は、唐津系陶器窯の一部ではそれまでの陶器に換わって磁器が焼かれるようになり、その傾向は17世紀になるとますます助長されて、量産化体制に備えての窯場の整備が行われるようになった。これはヨーロッパ社会がこれまでの中国陶磁器に換わって、日本にその代用を求めるようになったからである。肥前地方の領主たちは利益を得るために積極的にその転換を図ったが、当時はまだ日本人の生活では磁器の使用は一般的には浸透しておらず、そのために肥前の窯場では藩の保護を受けた磁器窯と、日本人の生活食器を焼く陶器窯の集団が存在するようになった。特に燃料の薪を必要とするところから磁器窯は優遇され、陶器窯は地方へ分派する傾向を示していった。町内の嬉里郷字田尾に窯跡を残している長与皿山は、そのような背景のもとに開かれたのである。
江戸時代に大村藩が編纂した『大村郷村記』によると、寛文7年(1667)に浅井角左衛門・尾道吉右衛門・山田源右衛門・尾道長左衛門の願い出によって始まっている。ちなみに浅井角左衛門とは鯨組の頭領として名高い2代目深沢儀太夫勝幸のことである。この時に焼かれた製品については陶器・磁器のいずれかはまだ判然としない部分があるが、操業期間については同じ『郷村記』の中に記されている元禄9年(1696)と同11年の2回にわたって、焼物生産の生命とも言うべき原料の中尾土を諫早領の現川窯の陶工たちに譲渡していることからおよそ30年間の操業であったろう。
その後正徳2年(1712)には同じ大村領内の波佐見から太郎兵衛がきて窯を再興し、18世紀中頃には窯の経営も順調となり盛んに藩外にも売りさばかれるようになったが、19世紀に入ると焼物の値段が下がったために窯の経営は苦しくなり、文政3年(1820)に生産を中止した。この時期には大坂で人気があった「お笹紅」の容器を注文で作ったり、安永4年(1775)には伊予大洲藩領の砥部に白磁焼成の指導のために陶工を派遣している。また長与焼を代表する「長与三彩」の製品もこの時期に作られたのである。
長与三彩についてはこれまで『郷村記』に寛政4年(1792)に長与村の市次郎が珍しい焼物を焼いたという記載から、これが長与三彩の始まりであると言われてきたが、平成3年(1991)に熊本県天草の上田家に保管されていた古文書の、『近国焼物大概帳』が紹介されてこのことを補強することとなった。これは寛政8年(1796)に天草郡高浜村焼物師伝九郎と同村庄屋の上田源作から、島原大横目の大原甚五左衛門に提出されたものの写しであるが、その中で長与皿山についての文中に「此所チャンパン焼物師壱人大村より御扶持頂戴帯刀御免之仁有之』とある。チャンパンとはチャンパあるいはチャボと呼ばれて現在のヴェトナム地方を指す言葉で、そこは16世紀後半から17世紀前半にかけて朱印船貿易で日本にもたらされた「交趾三彩」と呼ばれる焼物と深い関わりがあるところである。この三彩の焼物は日本で好き者に珍重されたため、京焼や四国の源内焼で盛んに模した三彩の製品が作られた。古文書の年号は『大村郷村記』に記された寛政4年(1792)からわずか4年後に書かれたものであり、これらのことから推察すると長与三彩は、交趾三彩の技術をもとにして出現したことが十分に考えられる。
弘化2年(1845)には再興窯を開いた太郎兵衛の子孫になる渡辺作兵衛によって再再興が行われたが、その操業は小規模で安政6年(1859)には閉窯している。製品には白磁染付類や当時長崎で焼かれていた亀山焼(1807〜1865操業)や鵬ヶ崎焼(1823〜1852操業)、あるいは古いところの現川焼(1691〜1749頃操業)などを模したものなどがある。伝承によれば明治期に土管や水がめ類を焼いたと言われるが、現在までのところではそれらを確証する根拠はまだ無い。

- 長与焼の特徴 -

活水女子大学教授 下川達彌
長与焼は寛文7年(1667)の開窯から安政6年(1859)の渡辺窯の終焉までのおよそ200年の間に、次のように三つの操業時期がある。
<第一期操業>寛文7年(1667)〜元禄5年(1692)頃
<第二期操業>正徳2年(1712)〜文政3年(1820)
<第三期操業>弘化2年(1845)〜安政6年(1859)
これらの時期の製作技法や製品についてはまだ不明な部分が多いが、第二期操業の遺構がある時期の長与焼の特徴を述べてみよう。
長与皿山跡は長与町中央部の西端、西彼杵郡時津町と境界を接する標高80m程度の山裾(標高10数m)に位置しており、北から南に登る窯体(製品を焼くための本焼窯)の一部と物原(失敗品や不要な窯道具類を捨てた場所)を遺構として残している。操業をしている皿山には、通常これら以外にも原料製作のための作業場や成形・絵付けのための作業場、あるいは本焼窯以外に素焼や上絵付けの製品を焼くための小規模な独立した素焼窯などがある。
長与皿山跡に残る窯体は、胴木間(焚口)から窯尻(煙出し)までがおよそ115メートルの長さで、北から南に向かって階段状に登るような形で築かれている。窯跡の平面図を眺めると、窯体の中ほどから窯尻にかけての西側には旧地形を削平した痕跡があるが、これは窯体の構築に際して平坦面を確保するために行われたものであろう。製品を焼くための焼成室の規模は各室によって若干の差があるが、おおよそ幅7m強、奥行き5m強の広さである。この奥行の数値を単純に全長に置いてみると、およそ20室を超える焼成室が階段状に連なっていることとなり、この長与皿山での焼物生産が非常に大掛かりな事業として行われていたことを如実に示している。
焼物の破片や窯道具それに窯の構築材のトンバイ(耐火レンガ)などが捨てられている物原は、窯体の東側に小山状をなして並行しており、物原の東側は急激な傾斜をもって渡辺宅の敷地と接している。この敷地内には多くの素焼片が散乱しており、その状況から察するとこの場所が作業場であったことは十分考えられ、窯壁片の出土からすると素焼窯もこの近くに築かれていた可能性が強い。
製品は同領内の波佐見焼とよく似た日用品の白磁染付の碗・皿類がほとんどであるが、わずかに煎茶道具や上絵製品、あるいは長与焼を代表する三彩製品など特注品と思われるものがある。
三彩焼には成型された生地にそのまま鉛を媒溶剤として色釉を施して低火度で焼いた軟質陶器と、素焼した生地を半強火釉で彩色して2度焼きしたものがある。前者は中国の唐三彩に代表される技法で、日本でも古く奈良時代にその技法を学んで三彩の作品(奈良三彩)が作られたことがあるが、その技法は伝承されないままで途絶えてしまった。
一方中国では明時代になって2度焼きをする技法が著しく発達し、白色の磁器質の器に直接に透明性の色釉を掛けた三彩(明三彩)が生み出された。清時代の康煕年間には器に低火度の無色白釉を薄く施し、その上から色釉を掛けるという磁器三彩(素三彩)が作られるようになった。これ以外に明代初期に線七宝の技法に類似した泥土の線で文様を区画した、法花と呼ばれる三彩の作品が作られる用になり、この流れを汲むものが交趾三彩と言われるものある。
日本では17世紀に入っての対オランダ貿易で、現在のヴェトナム地方の港からもたらされたものに三彩の作品があり、それらはその地名のコーチンから「交趾手(交趾三彩)」と呼ばれた軟質陶器であった。そのほとんどは香料を入れる小容器であったが、これが茶道具の香合として数寄者に珍重されるようになり、やがて茶器類の生産の中心であった京焼で、それらを模したものが焼かれるようになったのである。
長与三彩については『大村郷村記』に寛政4年(1792)に市次郎が「珍敷焼物」を焼いたという記述がそれを指すものと言われてきたが、それと年代的にも大差が無い寛政8年(1796)の上田家古文書『近国焼物山大概書上帳』にそれを裏付ける記載がある。その中の長与皿山についての記述で、大村藩から苗字帯刀を許されたチャンパン焼物師が1名いるということである。チャンパン(占城)とは前述したようなヴェトナム地方を指す言葉であり、コーチ(交趾)とも深い関わりがあるところである。このことから単純に解釈すると、当時の長与皿山には交趾三彩の技術を習得した人物がいたというわけである。
これまでは長与三彩の技法がどこから伝来したかについては、長与三彩の伝世品や皿山で採集された資料が磁器三彩であるところから、同じ磁器三彩の中国康煕三彩ではないかとも言われてきた。しかしこの古文書によると長与三彩は交趾三彩(陶器三彩)の技法をもとに始まったことになるわけである。ところが前述したように磁器三彩であることと、法花とは異なった色釉の融合も長与三彩の特徴の一つなのである。また今回の発掘で出土した三彩資料には、康煕三彩に見られるように下地に白釉を施しているのである。陶器の分野では上から掛ける釉薬の発色を美しくするために、下地を塗って化粧する技法があるが、果たして交趾三彩にこのような技法が見られるかと言うことである。
伝世品の長与三彩を見ると、三彩の施釉方法には流し掛けのものと、色釉の場所を指定したいわゆる迷彩式のものがあるが、しかし作品によってこれらの使い分けは見られない。また三彩によって器面を装飾する方法には、ただ三彩釉だけが器面に施されたものと、染付と三彩が一体になったものや、あるいは三彩・染付・漆が併用されたものがある。そのうちで漆には金箔を散らしているが(金砂子)、これらは蒔絵に用いられる白檀塗りと同様であり、梨子地の漆器を連想させる意図がある。
このように18世紀末に長与皿山で始まった三彩作品の出現は、明らかに日本の伝統的な文化である漆器をヒントに製作されており、それらを他の材質での製作を試みる写象技法に成功した京焼を手本としたものであろう。日用品の白磁染付製品は別としてこの三彩・漆手の作品、あるいはこれらと共に漢詩文を記した非常に格調高い作品など、これらのことが単に地方窯での発想によって生み出されたものでないことは言えよう。