長与町ホームページトップへ
文字サイズ変更 拡大標準
背景色変更 青黒白

特定健診を受けてわかること

最終更新日:
特定健診を受けることで脳・心臓・腎臓の血管を守ることができます!!

血管内部の図 参考「血管内皮機能を診る」著者:東條美奈子 出版:2015年南山堂


                 

◆検査項目


●身体計測

項目

保健指導判定値

解説

この検査で分かること

身長・体重・BMI

BMI値25以上

(BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m))

腹囲はメタボリックシンドローム判定のベース項目である内臓脂肪の蓄積を調べます。BMI値も肥満度を調べる指標として役立ちます。 ・内臓脂肪型肥満
腹囲(cm)

男性:85cm以上

女性:90cm以上


●血圧測定

項目

保健指導判定値

受診勧奨判定値

解説

この検査で分かること

収縮期血圧(mmHg) 130mmHg以上 140mmHg以上 数値が高いと血管に負担をかけ、血管を傷めることになり、動脈硬化を促進します。

・高血圧

・動脈硬化

拡張期血圧(mmHg) 85mmHg以上 90mmHg以上

●尿検査

項目

保健指導判定値

受診勧奨判定値

解説

この検査で分かること

尿糖 なし なし 体に不要なものを尿として排出させる働きを持つ腎臓や尿の通り道に障害があると陽性反応(±〜3+)を示します。

・糖尿病

・腎臓病

尿蛋白 ± +(陽性)以上

●血液検査

項目

保健指導判定値

受診勧奨判定値

解説

この検査で分かること



HDLコレステロール

(mg/dl)

40mg/dl未満 35mg/dl未満 HDLコレステロールは善玉コレステロールともいい、血管内のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を取り去り、動脈硬化を予防します。中性脂肪やLDLコレステロール値が高いと脂質が血管の内側に付着してたまり、動脈硬化を進めます。

・脂質異常症

・動脈硬化

LDLコレステロール

(mg/dl)

120mg/dl以上 140mg/dl以上

中性脂肪

(mg/dl)

150mg/dl以上 300mg/dl以上


空腹時血糖

(mg/dl)

100mg/dl以上 126mg/dl以上 血液中のブドウ糖の量を調べます。すい臓から出るインスリンが、少なかったり、肥満などが原因でききにくかったりすると数値が高くなります。HbA1cは過去1〜2ヶ月の平均的な血糖の状態を調べることができます。 ・糖尿病

HbA1c ※

(%)

5.6%以上 6.5%以上



AST(GOT)

(U/l)

31mg/dl以上 51mg/dl以上 肝機能障害の程度を示すもので、肝臓に障害があると数値が高くなります。

・肝炎

*急性

*慢性

*ウイルス性

*アルコール性

・肝硬変

・脂肪肝

ALT(GPT)

(U/l)

31mg/dl以上 51mg/dl以上

γ-GT

(γ-GTP)

(U/l)

51mg/dl以上 101mg/dl以上



e‐GFR

(ml/min/1.73㎡)

60mg/dl未満 45mg/dl未満 血清クレアチニンと年齢、性別から算出します。腎臓の働きが低下していると数値が低くなります。

・慢性腎臓病

(CKD)



このページに関する
お問い合わせは
(ID:232)
ページの先頭へ
長崎県長与町

〒851-2185
長崎県西彼杵郡長与町嬉里郷659番地1
電話番号:095-883-1111095-883-1111   Fax:095-883-1464  
法人番号 5000020423076 

Copyright 2020 Nagayo town. All rights reserved.